「要点まとめ方」を試験勉強に使ってみた!実践編

こんにちは~kei.kです♪

前回、前々回で「要点まとめ方」のマイルールと問題集・過去問を解くときのルールを決めていきました。なので今回はいよいよこのルールを使って勉強する方法を紹介していこうと思います(^-^)

それでは行ってみましょう!の前に私からご報告があります♪

何かといいますと・・・「技能検定試験に一発で合格することが出来ました~!(^^)!」いやー頑張った甲斐がありましたぁ!!

そしてこの勉強方法の大事な実績を一つ積むことが出来ました(^^)/

合格できたことも嬉しいですが、自分なりに筋道を立てて計画したことを頑張り抜けたことが一番嬉しく感じています( ;∀;)

こういう勉強法を子供の頃に向き合って考えていたらなぁとつくづく後悔してしまいますね。

でも何はともあれ自力で合格できた事実は揺るがないので自信を持ってこれからも勉強していこうと思います!!

それでは「要点まとめ方」の実践編に入っていこうと思います!

テーマ:「要点まとめ方」実践編

自分の実力を知ろう

この項目は前回の「過去問・問題集のルール」の内容になるのですが、まずはこのルールに沿って過去問を一年分解いて、自分の実力を知ることが大切です。前回の記事を読んでいない方は下記にリンクを貼っておくので読んで頂けると嬉しいです♪

「要点まとめ方」を試験勉強に使ってみた!準備編-過去問・問題集のルール-

そして一年分解き5項目で分析し勉強方針を決めてしまいましょう。

「要点まとめ方」を使ってまとめよう

間違った問題・勘の部分・気になった問題の答えとなる根拠を調べ「要点まとめ方」でまとめる。読んでない方は下記を参照して下さい。

「要点まとめ方」のマイルールを作ってみた!

自分の場合だと下記の写真の問題を間違えたのでこれを「要点まとめ方」を使ってまとめていこうと思います。

※前回の記事で問題番号に引くアンダーラインは赤色と記載しているのですが、今回に限り黒いアンダーラインを参照してください。

根拠の調べ方

A.テキスト

B.インターネット

C.人に聞く

※どんな手段でもOK!

調べる内容

A.真偽法

a.〇な理由

b.×な理由

B.多肢択一法

a.文章が正しい理由

b.文章が間違っている理由

C.穴埋め問題

D.計算問題

a.過程をしっかり把握する

b.過程が理解できない場合、細分化して調べる

E.間違い箇所選択

a.間違い箇所はどこか

b.なぜ間違いか

c.正解は何か

「要点まとめ方」を使ってまとめましょう。

この形式で他の間違った問題もまとめていきます。

間違った問題だけもう一度解こう

「要点まとめ方」でまとめた後は、調べてまとめた内容がどれくらい頭に入ったかを確かめるためにもう一度間違った問題を解いてみる。

これで全部覚える必要はないので、このまとめ方がどれくらい効果があったのかを確かめるくらいの気持ちで大丈夫です!

ここまで終えると、この年の過去問全体を1周と間違った問題を2周することが出来ている状態になります。

周回1を完了しよう(各年数分)

上記の1.-3.の流れを過去問の年数分繰り返しそれぞれ1周目を完了する。

1周目を完了してそれぞれで勉強方針を決めました!

間違いやすい問題を知ろう

2.-3.の流れで各年の間違い問題・勘・気になった部分を調べまとめました。

間違いが多いと量が多くて大変なのですが、最初にしっかり時間を掛けて調べることで2周目以降の復習の時に時短になるので頑張ってまとめましょう(^-^)!

あとはまとめる時に似たような問題を間違えていないか、知らない知識の共通点は何か等を意識しながらまとめると2周目以降の解答時にアンテナが反応しやすくなると思います。

6.周回2を完了しよう

周回2を解くときに周回1と同じようにテキストの問題番号にアンダーラインを引きましょう!周回1の時とは違う色で引いておくと見分けがつきやすいので楽だと思います。

そして問題を解いた結果をまた5項目でまとめ、周回1の時と比べてどれくらい出来るようになったかを確かめてみましょう!

単純に正解率が64%から88%まで上がっていますね!(^^)!これだけでも進歩しているのが目に見えて分かります♪

自アリ正は30%~64%と2倍以上も上がっていて、勘で解答している問題が減っているのも一目瞭然ですね(^^)/

それぞれの年数でも5項目で集計し、比較してみましょう。

だいぶ出来るようになっていてにんまりしてしまいませんか( ˘ω˘ )

この気持ちに浸りすぎるとここで勉強をやめてしまうかもしれないので、切り替えて方針に応じて間違った問題や勘の部分を調べ直し、再度間違った問題を解きましょう!!

ここまでくると過去問全体2周と間違った問題を4周クリアです♪

周回2以降の間違い問題まとめ作業は、新しく書き直してもいいですし、周回1の時に書いたページに付け加えるでもいいと思うので自分に合う方法を選んでみて下さい(^-^)

自分だったら、まとめた内容が覚えられてなくて間違えたならまた同じように調べてまとめる。調べた内容は理解しているけど新たに関連知識が不足していて間違えたなら周回1でまとめたページに付け加えるようにしています。

あと周回1の時は気にならずに調べていなかったところも調べてみると、知識の引っ掛かりが増えて記憶しやすくなると思います。

試験前に周回3を完了しよう

始めるのが遅れたり、日々仕事に追われて時間に余裕がない場合3週目をクリアするのが大変かもしれません。でもここまでクリアしてきているならかなり実力も付いてきているはずなのでサクッと解答してしまいましょう!

この周回でも問題番号にアンダーラインを引いて5項目で分類するのを忘れないようにして下さい。ここまで勉強してきても勘で解答している問題は理解があやふやな可能性があります。自分の目標に応じて復習していきましょう。

これですべての年数を3周クリアしました。

2周目と3週目で全体の正解率は変わらないのですが、自アリの正が16%上がっていて勘での解答が減りました。点数自体は変わらないものの理解度や安定感は確実に上がっていることが分かります。

ここからラストスパートで方針に応じて間違い問題や勘の部分をまとめ、再度間違った問題を解答していきましょう!

お疲れさまでした!(^^)!この時点で過去問全体を3周と間違った問題を6周クリアです♪

ここまで反復すればだいぶ頭に入っているのではないでしょうか??

使った時間の割に成果が出ない場合は、このやり方が合っていない可能性があるので、違う方法を検討してみると面白いですね。

まとめ

今回このように勉強の仕方を自分なりに考えルール化していったことで大切だと気付いたことは、

「勉強方法は自分のやりやすいようにカスタマイズする」ということです!

自分のアウトプット方法は主に書くことが中心で、音読だけだと頭に入らない印象があります。

ただ書くというインプットは何を書くか選別したり、どんな風にまとめるかを考えていくと時間が掛かってしまい継続することが難しくなってしまいす。

そこで今回紹介試したように「ノートにどんな風にまとめるかをあらかじめ決めてしまう」というカスタマイズが自分に合っているのではないかという仮説を立て検証してみました。

少しでも自分のエネルギーを節約し、ほんとに大切なところにエネルギーを使えるようになるにはどうしたらいいか?を重視して取り組んだ結果、自分には継続しやすく成果も付いてくるということが分かりました。

逆に人によっては音読だけで大丈夫だったり、過去問をひたすらやって覚える等の人もいると思うので、自分にとってどういうアウトプットが向いているかを考えていくと勉強自体楽しくなると思います。

あともう一つ本当に大事なことは、「どれだけいい方法で自分に合っていたとしても、結局やらなければ身に付かない」ということです。

当たり前のことですが、勉強に時間を使うという行動をしない限り何も覚えられないですし、それ相応の時間が必要になってきます。

なので「自分に合ったレベルのことを少しずつ積み上げていく=成長」を楽しいと思えることが勉強のコツなんだと認識しました♪

まさに「好きこそものの上手なれ」ですね!!

これを踏まえて、これからも一緒に成長を楽しみましょう(^o^)

それではここまで読んで頂きありがとうございました。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA