効率UP!?時間管理のマル秘テク‼

「せっかく計画を立てたのに集中力が維持できない・・・」

「たくさん時間を掛けたはずなのに成果がでない・・・」

「他のことに気が向いてしまって続かない・・・」

こんなふうに悩んだことってありませんか?

僕は結構あります・・・

これから書いていくことは、そんな悩みを解決できる内容になっていますので楽しんで読んでくださいね。

知らなかった!ポモドーロ・テクニックって超便利!使いこなして成果を出そう!

この聞きなれない言葉ですが、ざっくりどういうことかというと、

「集中と休憩を繰り返すことで、仕事や勉強のペースを生み出す時間管理術」です。

起業家で作家のフランチェスコ・シリロ氏が「ヒトが高い集中力を維持できるのは25分が限界」

という視点から提唱した手法です。

この記事でわかること
  • ポモドーロ・テクニックについて理解が深まる
  • やる気や意志は不要!誰でも簡単に集中状態を作れる!

僕がこのテクニックを知ったきっかけは、

ビリギャルチャンネルの「最新科学で分かった!」のYouTube動画を観たことでした。

さやかさんと坪田先生の話の中で、坪田先生が紹介したテクニックなのですが、

僕はそれを聞いて、

「へぇー!そんなやり方知らなかったぁ!」、

「凄いなぁ!やってみたい!」と興味を持ったんです。

なので僕なりにこのテクニックのことを調べて3つのポイントにまとめました。

簡単3ポイント
  1. やり方
  2. メリット
  3. 用意するもの

それではひとつひとつ書いていきますね。

スポンサーリンク

やり方

その日のToDoリストを作成

作成するものは手帳やノート、PC、メモアプリ、学習管理アプリ等で十分だと思います。

集中25分→休憩5分×4セット→20~30分休憩

(1ポモドーロ25分+休憩5分)×4セットで

2時間経過したら20~30分の長めの休憩をいれてリフレッシュします。

長い休憩を含めて2時間30分のサイクルをToDoリストに沿って進めていきます。

※注意点

1ポモドーロに行うタスクはひとつだけということです。

ひとつのことに集中することが目的なので、マルチタスクにならないように気を付けて下さいね。

記録

休憩の合間に、行ったリストと時間が分かるようにメモをしておき、

1日の終わりに記録を集計し、ToDoリストを作った手帳やノート、PC、アプリなどに

項目と時間が分かるように記録を付けていきます。

メリット

集中力の維持

このテクニックの最大のメリットは集中力の維持にあります。

1ポモドーロで実行できるタスクはひとつだけなので、

マルチタスクを防止し意識があちこちに行かないようにすることができます。

また頻繁に休憩が取れることで疲れ防止にもなり長時間の集中に繋がります。

そして記録することで実績(タスクと時間)が可視化されるので日々達成感を得られることから

モチベーション向上に役立ち、長期集中できるようになります。

プロセス管理がしやすい

ToDoリストを作り、こなしたタスクを記録しているので、

何に何時間使っているか振り返りができ改善に繋げることができます。

余った時間を有効活用できる

ToDoリストを作っているので終わりのラインが可視化されています。

その日のリストさえ終わってしまえば時間を自由に使えるので集中してタスクに取り組めます。

用意するもの

タイマー

タイマー
  1. ポモドーロ・タイマー
  2. キッチン・タイマー
  3. タイマーアプリ

キッチンタイマーやアプリでも代用できるのですが、

僕のおすすめはポモドーロ・タイマーです。

僕が使っているものはBAERBIというメーカーから出ているポモドーロ・タイマーです。


おすすめな理由は、時間設定がとにく簡単だからです。

どれくらい簡単かというと、

電源をオンにしたら「25min」の面を上にするだけでカウントダウンが始まり、

休憩の5分を計る場合は「5min」の面を上にするだけでカウントが開始されます。

そして長い休憩の場合は「30min」の面を上にすればカウントが始まり、

終わればアラーム音で知らせてくれます。

ボタンをポチポチしなくていいので集中と休憩をストレスなく切り替えられるのがこのタイマーの魅力です。

もちろんキッチンタイマーやアプリでも対応できますのでご安心くださいね。

記録するもの

やり方のところで登場したように、

ToDoリスト作成や実績を集計するために手帳・ノート・学習管理アプリやカレンダーアプリが必要になります。

この辺りは紙媒体か電子デバイスかで好みが分かれると思いますが自分の好みで選んで大丈夫です。

ちなみに僕の場合は、普段からアイディアやメモを取る場合、

コピー用紙を使うのでToDoリストを1枚のコピー用紙で作り、

実績を集計しクリアファイルで管理しています。

ポモドーロ・テクニックを使うことで自分でも驚く程集中力が維持できました。

またこのテクニックは使えばすぐに効果が実感できるのでやってみて正解だったと自信を持って言えます。

また長期スパンで計画に取り組むことを簡単にしてくれたり、

苦手なことに少しだけ取り組んでみるなど

仕事・学習・趣味など多岐にわたって活用できる時間術だと思います。

やり方を知れば、誰でも集中状態を作ってキープできるんですね。

まとめ

人生を変える25分‼

やりたいこと・やらなきゃいけないこと・苦手なこと、

まずは25分。

それだけに取り組んでみて下さい。

きっとあなたは25分頑張れます。

それが出来たら、また頑張れます。

その繰り返しが「大きな成果」になります。

人生を変える25分。試してみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA