PrimeReading(プライムリーディング)とは?登録方法や特徴を紹介!賢者の選択Kindle

経済的に豊かに自分らしくある。想像しただけで毎日ワクワクしそうですよね。でも残念なことにほとんどの人がそんな毎日を手に入れる方法を知らないはずです。お金の心配をすることなく、好きなことを好きな時に、好きなだけ楽しむひと。その一方で生活のため、会社のために必死に働いているのに生活に余裕が持てず好きなことにお金も時間も使えないひとたち。1日24時間、平等な時間を生きているのにこの違いがあるのはなぜでしょうか。

この大きな違いをつくるのは、毎日のほんのちょっとの習慣の違いなのかもしれません。

あなたは、こんな悩みを持ったことがありませんか。今の生活を続けていっても、自分の望む生活にならなそうだな・・・。でもどうやってここから抜け出せばいいのか・・・。きっと勉強と努力が必要なんだろうな・・・。でもそれを認めたら辛くなりそう・・・。不安を抱いてしまうことよりも怖いことは、「この不安に対して、正しい対処の仕方がわからない」ことだと思います。

こんな不安を解決するのに少しでも役に立ちたい。そんな想いで、あなたにぜひおすすめしたいのが、「Kindle(プライムリーディング)を利用した読書」です。世界的有名企業Amazonが運営している、エンタメに特化したデジタルコンテンツサービス・Amazonプライムの特典のひとつです。プライムリーディングは月額600円のプライム会員になることで約1,000冊もの書籍が+0円でスマホやタブレット、PC、専用の電子書籍リーダーなどの好きな端末で好きな時に楽しめるようになるサービスです。しかも30日間無料体験から始められ、気に入らなかった場合はいつでもキャンセルできるので安心なんです。Amazonの電子書籍はオールジャンル揃っていて、総冊数700万冊と電子書籍業界No.1。まさに「知識の源泉」です。だからこそあなたに必要な書籍をお届けすることができます。月額980円プラスすると200万冊も無料で読めるようになるKindleUnlimitedがあり、拡張性があるからこそ初心者にも上級者にも受け入れられるサービスだと言えます。ぜひ、「Kindle(プライムリーディング)を利用した読書」をお試しください。純粋に「知る」ことが楽しくなりますよ。

Amazonプライム会員費は一般会員の場合、月額600円(税込)または年会費5,900円(税込)で無料体験期間が30日間ありお得に利用できます。学生会員の場合、月額¥300(税込)または年会費¥2,950(税込)で無料体験期間が6ヵ月もあるので大変お得です。ぜひ今すぐお申込み下さい。

PrimeReading(プライムリーディング)とは?

プライムリーディングはAmazonのプライム会員特典のひとつで、Amazon限定タイトルを含め、和洋書合わせ1,000冊もの本・マンガ・雑誌がさまざまなデバイスで楽しめる電子書籍Kindleのサービスです。プライム会員特典は配送する、観る&聴く、買う、読む、その他の5つのカテゴリに分かれており、プライムリーディングは読むカテゴリのサービスです。

Amazonプライム会員特典(14特典)
  • 送料無料
  • お急ぎ便(送料無料)
  • お届け日時指定便(送料無料)
  • PRIME VIDEO(PRIME ORIGINAL)
  • PRIME GAMING
  • AMAZON MUSIC PRIME
  • AMAZONフレッシュ
  • 会員限定先行タイムセール
  • おむつ・おしりふき割引特典
  • プライム会員限定商品・セール
  • PRIME READING
  • AMAZON MASTERCARD
  • AMAZON PHOTOS
  • Prime Try Before You Buy

Prime Reading(プライムリーディング)とKindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の違い

PrimeReadingとkindle Unlimitedの違い

PrimeReading:1,000冊読み放題⇒月額600円(税込)プライム会員費用に含まれる

kindle Unlimited:200万冊読み放題⇒月額980円(税込)プライム会員費用にプラス

プライムリーディングとkindle Unlimitedの違いは無料で読める書籍の量が大きく違うこととUnlimited使用料の月額980円が掛かることです。プライムリーディングは約1,000冊の本・漫画・雑誌・洋書がプライム会員費用で読み放題なのに対し、kindle Unlimitedは200万冊以上もの本・漫画・雑誌・洋書が月額+980円で読み放題になります。kindle Unlimitedのほうが2,000倍も多く無料で本を楽しめるようになっています。どちらにしてもKindleで電子書籍を楽しむという趣旨は同じです。また書籍を読む機能の違いもありませんので純粋に対象商品の量と金額の違いになります。

プライムリーディング(Amazonプライム会員)に登録する方法と解約方法

プライムリーディングを利用するにはAmazonのプライム会員登録をする必要があります。Amazonアカウントがある場合はとても簡単です。またAmazonアカウントが無い場合でもやり方は簡単ですのでご安心ください。

Amazonアカウントがない場合の登録方法

下記よりAmazonのサイトにアクセスします。

下の方にあるAmazonアカウントを作成するを選択します。

氏名、Eメールアドレス、パスワード、を入力しAmazonアカウントを作成するを選択します。

入力したEメールアドレスに確認コードが届くので、そこに記載されているコードを入力しアカウントの作成を選択します。

支払方法を選択する画面に映るのでクレッジトまたはデビットカードを追加を選択します。

クレジットカード名義、カード番号、有効期限を入力し続行を選択します。

住所登録画面に移るので住所など必要項目を入力し住所を追加を選択します。

支払方法と住所の記入内容の確認画面が出るので問題がなければ右側の続行を選択します。

ここまででAmazonアカウントの作成は終了になり支払方法と請求先住所が開示されます。下側の30日間の無料登録を試すを選択するとAmazonプライムに登録されます。

ここまででAmazonカウント作成とプライム会員登録は完了です。

Amazonアカウントがある場合の登録方法

下記よりAmazonショッピングサイトにログインします。

画面上部の黄枠の部分をタップしたままスライドし、プライムを選択する。

30日間の無料体験を始めるを選択します。

配送先の住所を入力し住所を追加を選択します。

好みの支払方法を選択します。※ここではクレジットを例に紹介します。

カード名義人、カード番号、有効期限を入力しカードを追加を選択します。

入力に間違いがなければこの住所を使用を選択します。

支払方法を選択の画面で続行を選択します。

支払方法、請求住所を確認し間違いがなければ30日間の無料体験を試すを選択します。

次に進むを選択します。

ここまででAmazonプライムへの登録は終わりになります。

Amazonプライム解約方法

ポイント
  • 無料体験期間を過ぎると自動で契約更新される
  • 無料体験期間中の解約でも無料期間内はサービスを利用できる

無料体験でAmazonプライムを利用してみて自分には合わないなと感じた人は無料体験期間内で解約することをおすすめします。なお無料体験期間中の解約でも無料期間内はサービスを利用できます。Amazonウェブサイトとアプリの場合で操作が少し違うので、ここではウェブからの解約方法を紹介します。簡単ですのでご安心下さい。

WebからAmazonサイトにログインし、ホーム画面左上の横線3本のマークを選択します。

画面上部のアカウントサービスを選択します。

アカウントサービスメニューからお客様サポートを選択します。

お客様サポートメニューのAmazonプライム会員を選択します。

お問い合わせ内容の会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)を選択します。

プライム会員をキャンセルを選択します。

Amazonプライム会員登録のキャンセルを選択します。

ページを下にスクロールしていき特典と会員資格を終了を選択します。

ページが開いたら下にスクロールしていき特典と会員資格を終了を選択します。

プライム会員資格終了日が表示されればのAmazonプライムの解約は終了です。

会員資格を終了しても無料体験期間中はAmazonプライム特典を利用できますのでご安心ください。

Amazonプライム会員の解約手続きは以上になります。

Prime Reading(プライムリーディング)の使い方 -iPhone編 –

iPhoneでのPrime対象商品のダウンロード方法

プライムリーディングでkindle本を読むには無料のkindleアプリをインストールする必要があります。KindleアプリにはiOS、Android、Mac、PC版がありますので必要なバージョンをインストールしてください。それではiPhoneでプライムリーディング対象のビジネス書籍を検索してみましょう。ここでは「人は聞き方が9割」という書籍を例に紹介していきます。

下記からアプリをインストールします。

Amazonアカウントでサインインします。

プライムリーディングを選択します。

書籍を選択します。

下にスクロールするとビジネス・経済というカテゴリがあるので右側の矢印マークを選択します。

「人は聞き方が9割」のところを選択します。

✓Primeのマークが入っている商品がPrimeReadingの対象の書籍です。興味のある本を選んでください。

詳細が表示され購入画面に移行しますので無料で読む(プライム特典)を選択します。

今すぐ読むを選択するとKindleアプリが起動しダウンロードが開始されます。

Prime対象商品以外の書籍の購入の仕方

注意

Amazonアプリ・Kindleアプリから電子書籍の購入はできません。⇒Amazonウェブサイトから購入

Kindleの電子書籍はAmazonアプリやKindleアプリから購入することができません。なのでAmazonウェブサイトから検索し購入する流れになります。Kindleで書籍を購入しようとするとつまづくポイントなのでここで紹介しておきます。

下記よりWeb版のAmazonショッピングサイトにログインする。

商品を検索します。※ここでは「地頭が劇的によくなるスタンフォード式超ノート術」で紹介していきます。

対象商品を選択します。

Kindle版(電子書籍)をチェックし注文を確定するを選択します。

Kindle for iOSに移動を選択します。

画面が移行したら開くを選択します。

ライブラリに商品タイトルが表示されるのでそのタイトルを選択します。

本の表紙が表示されたら終了です。左右どちらかにフリックまたは画面の右端・左端をタップすることでページが進むので読書をお楽しみいただけます。

Prime Reading(プライムリーディング)のメリットとデメリット

PrimeReading(プライムリーディング)のメリット

有名な書籍を無料で読める

プライムリーディングで読める書籍は各カテゴリーのトップ10に入っている売れ筋の書籍が多く、読書を始める人には選びやすいラインナップになっています。

いつでもスマホで読める

スマホで本を読めると持ち物が増えないメリットがあります。スマホでならお気に入りの書籍をたくさん持ち運べるのでその時の気分で本を選ぶことができて便利です。また自宅などのWi-Fi環境で本をダウンロードしておけば、外出先の電波のない環境でも本を読めるので出張や旅行の移動時にあると読書を楽しめます。

大切な文やページにマーカー(ハイライト)やメモ、ブックマークなどが気軽に付けられ、検索が簡単

Kindleでは文章にマーカー(ハイライト)を引くのもブックマークを付けるのもメモを書くのも簡単です。

マーカーで線を引くならタップしたまま指でなぞるだけで範囲を選択でき色も選べます。消したい場合はマーカー部分をタップするとカラーやメモ等のマークが表示されるので一番左側の×マークを選択すると消せます。

ブックマークなら画面を一度タップしてページ上部の四角いマークをさらに選択することでブックマークできます。

メモはマーカーのときと同じ要領で気になった文章をタップしたままなぞりマーカーを引きます。マーカー部分を2回タップすると鉛筆の絵が入ったマークがあるのでそれを選択するとメモ入力画面が出てくるのでそこに書き込むことができます。

画面を一度タップすると上部にメニューが表示されるので右端の点が3つの縦に並んだマークをタップします。さらにメニューが表示されるので中央の注釈をタップします。するとこの本でハイライトを入れた文章が一覧で表示されます。どれかひとつ選択するとその文章が書いてあるページに移動することができます。

このようにハイライトやブックマークをすることで後から読み返すときに気になった箇所の検索がとても楽になり便利に使えます。

合わない本はすぐに読むのを辞められる気軽さ

プライムリーディングなら無料で読めるので途中まで読んでみて自分には合わないなと思えば思い切って読むのを辞めることも気軽にできます。せっかくお金を出して買ったんだし読破しなきゃいけないって思ってしまうと、読書がつらくて続かない・・・。プライムリーディングならそれが気軽に出来てしまうので読書のハードルが下がって続けやすくなります。

PrimeReading(プライムリーディング)のデメリット

Kindle Unlimitedに比べて読める本が少ない

プライムリーディングの無料で読める書籍は約1,000です。それに対してkindle Unlimitedでは約200万冊。Kindle Unlimitedのほうが圧倒的に多いので、読書に慣れてしまうと物足りなさを感じてしまうというデメリットがあります。読書に慣れてきて、プライムリーディングで読みたい本があまりないと感じてきたらKindle Unlimitedにバージョンアップするタイミングかもしれません。アマゾンプライム同様に30日の無料体験があるので、ぜひ体験してみて下さい。

ライブラリに保存できる冊数が10冊まで

プライムリーディング、kindle Unlimitedの対象書籍は10冊までライブラリに一時的に保存できます。11冊目の対象書籍を読みたい場合は10冊のうち1冊を返却しなければならないので少し煩わしがあります。購入した書籍であれば端末容量の許す限り保存できるのでご安心ください。

Kindleのライブラリを表示し返却したいタイトルを長押しします。するとメニューが表示されるので本の利用を終了を選択すると返却が完了します。

まとめ

この記事ではプライムリーディングの登録方法、解約方法、使い方、メリット・デメリットなどを紹介してきました。経済的に豊かに自分らしく生きていくためにも情報をアップデートしていき、少しづつ行動していくことが大切だと思います。そのためにも「Kindle(プライムリーディング)を使った読書」は有効な手段なので、ぜひお試し下さい。

Amazonプライム会員費は一般会員の場合、月額600円(税込)または年会費5,900円(税込)で無料体験期間が30日間ありお得に利用できます。学生会員の場合、月額¥300(税込)または年会費¥2,950(税込)で無料体験期間が6ヵ月もありさらにお得ですので、今下記よりすぐお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA