成功したいひと必見!「夢を叶えるゾウ」から学ぶ成功マインド~Kindle読書~

「自分を変えようと頑張ったけど途中で挫折しちゃってつらい・・・」

「日ごろからビジネス書を読んでるのにいまいち成果がでない・・・」

「世の中にはすごく豊かで色んなことが満たされている人がいるのに、それと比べて自分は全然満たされいる気がしない・・・」

みなさんはこんな悩みを感じたことはないでしょうか?こんな悩みを解決するのに役立つ書籍があるので紹介しようと思います。

 自分を変えたいけど何をやればいいか分からない。今まで何度も変わろうとしてきたのにうまくいかなかった。その気持ちとてもよくわかります。そこでそんなあなたに紹介したい本があります。それは「夢を叶えるゾウ」です。この本は累計420万部売れた日本一読まれている自己啓発書です。ガネーシャという関西弁の神様らしくない神様と偉業を達成してきた偉人たち、そしてどこにでもいる平凡な主人公との対話から成功と失敗を分ける考え方や習慣の違いが学べる本なんです。毎日簡単にできるガネーシャからの課題が29個もあり楽しみながら取り組むことができるのも嬉しい特徴です。

過去の偉人たちが大切にしていた習慣と自分の習慣を比較し、偉人たちの習慣から出題されるガネーシャの課題に挑戦することで自分を変えれるのでとてもオススメです。金額は単行本¥1500、文庫本だと¥968です。KindleならUnlimitedで無料で読めます。ぜひお試しください。

【テーマ】

「夢をかなえるゾウ」で著者が伝えたいこと

 今回のテーマでは「『夢をかなえるゾウ』で著者が伝えたいこと」です。とても有名な書籍でドラマ化されたこともある作品なので知っているひとも多いと思いますが、この書籍がどんなことを言いたい本だったのか知っているひとは少ないのではないかと思います。

 この記事からわかることは「どんな自己啓発本やビジネス書にも活かせる成功マインド」です。すごく単純なことですが大切な考え方なので参考にしてみて下さい。

ポイント:成長を楽しみ行動し、ひとを幸せにする

  

 著者の伝えたいことのポイントは、「成長を楽しみ行動し、ひとを幸せにする」ことです。言われてみれば納得できることですが、このポイントを意外と知らないのではないかと思いますので、最後まで読んでみて下さいね。

 この本を読もうと思った理由は、「過去に読んで勉強になった」、「著者の言いたいことがすごく本質的で役に立つから色々なひとに知ってもらいたいと思った」、「変わりたいと思った人の役に立てることをピックアップしたかった」の3つです。

スポンサーリンク

どんな自己啓発本やビジネス書にも活かせる3つの成功マインド

 成功したい、成長したい、夢をかなえたいと思ったときに大切なことは「成長を楽しみ行動し、ひとを幸せにする」ことです。綺麗ごとっぽく聞こえるかもしれませんが、大切なマインドだと思うので本書で使われている言葉やシーンを引用しながら紹介していこうと思います。

成功マインド1:成長を楽しむ

 1つ目の成功マインドは「成長を楽しむ」です。このマインドはぼくが個人的に好きな考え方で大切にしていることもあり選びました。選んだ理由は主人公がガネーシャの課題を始めた序盤のあたりで、これまでの課題がどんなものだったかを振り返るシーン。主人公は「いつも三日坊主だったが今回は頑張れている」とガネーシャに感想を伝えたところ、それに対してのガネーシャの言葉に共感したからです。

 具体的には、”ええか?こうやって自分が頑張れてるの確認するんはめっちゃ大事なことなんやで。それ、なんでか分かる?それは『成長したり頑張ることは楽しい』て自分に教えていくためやねん。頑張れない本当の理由は『頑張らなあかん』て考えること自体が楽しないからなんや”という言葉です。みなさんはこの言葉を聞いてどう感じますか。ぼくは「確かにそうだよなぁ」って腹落ちしました。

 今後このマインドに切り替えるために簡単にできる改善法は「頑張れたことを紙に書き出し自分をホメること」です。日記感覚で気軽に取り組んでみることがおすすめです。

成功マインド2:ひとを幸せにする

 2つ目の成功マインドは「ひとを幸せにする」です。このマインドはガネーシャの課題で一番のポイントです。その理由が表現されているシーンは、「サービスとして夢を語る」について主人公が課題に挑戦した結果をガネーシャと振り返っているシーンで、主人公は聞き手と自分の夢との接点はないか必死で考えひとつの質問をした結果、夢を語るところを、逆に夢を語られてしまったという失敗談をしました。それに対してガネーシャの意見を聞きこれまでも似た言葉を教えられていたことに主人公が気付いたところです。

 具体的には、”人がやりたいこと、人が持っている夢、人がどうなったら幸せやと感じるのか、そのことを考え続けていけば、成功なんてすぐそこや”というガネーシャの言葉を受け、”人を喜ばせるとか、人にサービスするとか、人の夢をかなえるとか言い方は違うけど、ガネーシャの言っていることは根本的に全部同じことだった。人を幸せにする。それはよくよく考えたら当たり前のことなんだ。”と主人公が考察するシーンです。自分たちと同じ立ち位置の主人公がこんな風に気付くシーンを入れることで読者に共感してほしいというメッセージ性が強く感じられますよね。

 今後は「人の欲を満たすこと=自分の欲を満たすこと」というマインドチェンジが大切です。そのための簡単なファーストステップは職場や仲のいいグループ、友達などへのお菓子の差し入れです。どんなお菓子を買ったらみんなが喜ぶかを考えながら買い物することや実際に喜んで食べてもらえたら楽しいのでオススメです。

成功マインド3:行動

 最後の成功マインドは「行動する」です。この書籍で著者が一番伝えたいことは間違いなくこの「行動する」ということです。本書の最初と終盤に「本書の使い方」という見出しがあり、ここはナレーターの説明部分になっていますが、おそらく著者自身の言葉です。そこの2つの本文で共通して言っていることは「行動」や「実行」、「決断」といった言葉です。最後の課題の前部分では「自己研鑽しているほとんどの人が成功できないのは、行動しないから」とはっきり書いていることからも確信が持てます。その他にも著者は色々な言い換えをして「行動することが大切だ」ということを表現しています。

 たとえば”世の中にはいまだ成功法則書があふれ、それを読んだ人に『成功するのではないか』という期待を与え続けています。しかし、そうしたひとたちのほとんどが成功していくことはありません。なぜでしょう?それは、何もしないからです。実行に移さないからです。経験に向かわないからです。”という言葉や”ガネーシャの教えにはあなたを変えるだけの力がない。なぜなら、あなたが変わるにはあなたの決断とあなたの行動が必要だからです。”という言葉。他には”これらの課題は過去に大きな仕事を成し遂げた偉人たちが通過した課題でもあります。実行し、その効果を実感してください。もし、あなたが実行しない場合は、ガネーシャとの契約が履行されてしまうことになるかもしれません。”というような言葉で表現しています。このことからこの著者が伝えたいことは「行動が大切」ということです。

 これを踏まえ今後は、学んだらすぐ行動して経験しましょう。仮に間違えたとしても、それは偉大な一歩なので大丈夫です。うまくいかない方法を知っただけのこと。

まとめ

 ここまで「どんな自己啓発本やビジネス書にも活かせる成功マインド」を3つ紹介してきましたがいかがだったでしょうか。「夢をかなえるゾウ」で著者が伝えたいことは「成長を楽しみ行動し、ひとを幸せにする」ということです。これを理解することで今後の人生で活かせる成功マインドになりますよ。

 紹介した書籍には記事に書き切れないくらい良いことがたくさん書いてあってグサッと心にささる内容が盛りだくさんなので興味を持って頂けた方はKindle Unllimitedで読めるのでぜひ読んでみて下さいね。もちろん購入しても読めるので安心してください。

 自分を変えたいけど何をやればいいか分からない。今まで何度も変わろうとしてきたのにうまくいかなかった。その気持ちとてもよくわかります。そこでそんなあなたに紹介したい本があります。それは「夢を叶えるゾウ」です。この本は累計420万部売れた日本一読まれている自己啓発書です。ガネーシャという関西弁の神様らしくない神様と偉業を達成してきた偉人たち、そしてどこにでもいる平凡な主人公との対話から成功と失敗を分ける考え方や習慣の違いが学べる本なんです。毎日簡単にできるガネーシャからの課題が29個もあり楽しみながら取り組むことができるのも嬉しい特徴です。

過去の偉人たちが大切にしていた習慣と自分の習慣を比較し、偉人たちの習慣から出題されるガネーシャの課題に挑戦することで自分を変えれるのでとてもオススメです。金額は単行本¥1500、文庫本だと¥968です。KindleならUnlimitedで無料で読めます。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA